🔍

プレスリリース

2016年09月02日 更新

【ニュース】医療用HAL®、国立病院機構新潟病院等で承認後初の難病治療 〜神経・筋難病患者向けに公的な医療保険診療を開始〜

 国立病院機構新潟病院(住所 新潟県柏崎市赤坂町3番52号)と国立病院機構徳島病院(住所 徳島県吉野川市鴨島町敷地1354)は、本日9月2日、緩徐進行性の神経・筋疾患の進行抑制治療を目的とする世界初のロボット治療機器「HAL®医療用下肢タイプ」(以下、「医療用HAL®」)を利用して、昨年11月25日に厚生労働省より医療機器の製造販売承認を取得(2015.11.25ニュース)してから初めて難病患者に対して治療を実施することとなりました。  
 今後は、施設基準等を満たした複数の医療機関において、通常の公的医療保険診療で医療用HAL®が使われることになります。なお、医療用HAL®による治療技術に対しては、2016年4月25日に、ロボット治療として世界で初めて一般の公的医療保険の償還価格が決定しています(2016.4.25ニュース)。  
 9月2日現在、医療用HAL®の導入に関して多数の問い合わせと、すでに25以上の医療機関から導入の内示を得ています。当社としましては、今後は、各地域に中核病院の拠点化を進めながら、順次、拡充していく予定です。

(リンク)
プレスリリース

ページ上部へ戻る