CYBERDYNE Online Store

🔍

CYBERNICS TREATMENT

サイバニクス治療とは、脊髄損傷や脳卒中、神経筋難病疾患の患者に対し行う、装着型サイボーグHAL®を用いた機能改善・機能再生治療です。

機能改善・機能再生治療

HAL THERAPYイメージ

人が体を動かそうとするとき、脳から運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝達されることで、関節などの筋骨格系が動きます。このとき、人の「動かしたい」という動作意思が反映された微弱な“生体電位信号”が皮膚表面に漏れ出します。HAL®は、“生体電位信号”を読み取りパワーユニットをコントロールすることで、人と一体となって関節の動きをアシストすることができます。この動作意思を反映した生体電位信号を活用する装着型サイボーグHAL®を用いると、HAL®の介在により、HAL®と人の脳・神経系と筋系の間で人体内外を経由してインタラクティブなバイオフィードバックが促されます。脳・神経・筋系の疾患患者の機能改善が促進されるというiBF理論(interactive Bio-Feedback:インタラクティブ・バイオフィードバック理論)に基づいたサイバニクス治療が行われ、臨床現場を通じて人の下肢・上肢・体幹など様々な身体機能の機能改善事例が報告されています。サイバニクス治療では、人の脳からの「動かしたい」という自発的な指令信号が、脊髄や末梢神経を介して筋骨格系に伝わり身体が動くだけでなく、実際に「動いた」という感覚のフィードバックを再び人の脳へ戻すことが重要なカギとなります。
このiBF理論に基づくHAL®を用いた機能改善・機能再生治療技術は、生体が持つ自己治癒能力を賦活化し、人の脳・神経・筋系の機能の改善・再生を可能とする革新的治療技術です。

適応疾患

■進行性神経筋難病疾患とは

脊髄性筋萎縮症(Spinal Muscular Atrophy : SMA)、球脊髄性筋萎縮症(Spinal and Bulbar Muscular Atrophy: SBMA)、筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis : ALS)、シャルコー・マリー・トゥース病(Charcot-Marie Tooth Disease: CMT)、遠位型ミオパチー、封入体筋炎、先天性ミオパチー、筋ジストロフィの希少性神経・筋疾患は、筋萎縮の進行により四肢筋力が低下し進行するとそれぞれ重篤になる疾患で、治療方法が未だ確立されておらず難病に指定されています。また筋力の低下により移動能力や日常生活動作(ADL)の低下を来すため、社会参加の機会が失われるだけでなく、医療や介護への依存性が高まるとされています。神経筋難病の多くは未だに原因が分からず、根本的な治療法がないのが現状であり、医師・看護師・リハビリテーション専門職種・栄養士などで構成される多専門職種ケア(multidisciplinary care)によって、生活の質(QOL)の維持向上が行われているのみです。

■進行性神経筋難病疾患の治療法

従来、機能回復が決して望めないと考えられた進行性神経筋難病の治療について、医療用HAL下肢タイプの登場によって、下肢運動機能の低下を抑制するだけでなく、下肢運動機能を改善する治療を行うことができるようになりました。医療用HALは、8種類の進行性神経・筋難病疾患(下記)を対象に、2015年11月に日本で初めて治療機器として医療機器の承認を取得し、2016年4月より医療保険収載が認められています。その後、欧州(2016年5月)、米国(2020年10月)、その他の地域においても治療機器としての承認を取得し、運動機能を改善する効果が認められた唯一の医療機器として、当該疾患の治療に使われています。また、当該疾患に関する情報が掲載されている難病情報サイト(公益財団法人難病医学研究財団が運営厚生労働省補助事業)にもHALに関する情報が記載されるなど、標準治療として広がりつつあります。

当社は、できるだけ多くの進行性神経筋難病の患者さんにこの新たな治療をお届けできるよう、医療関係者、政府機関、政策担当者、支援団体と継続的に協力しています。

施設のご案内

ページ上部へ戻る