プレスリリース

2014.11.10 更新

【ニュース】HAL医療用の臨床研究成果が、ドイツ「ヘルベルト・ラウターバッハ賞」を受賞  ~ HAL治療の医学的効果が特筆すべき学問的な業績であると評価

当社の革新的ロボット治療機器「HAL医療用」の臨床試験*1を実施しているドイツBergmannsheil(ベルクマンスハイル)大学病院の臨床研究チームが、2014年10月30日に、ドイツ公的傷害保険組合(DGUV)および公的障害保険病院連合(KUV)が主催する「Herbert Lauterbach Award 2014」(ヘルベルト・ラウターバッハ賞)を受賞しました。

同賞は、ドイツの先端医療分野において学問的に最もめざましい業績を残した医療チームに贈られる権威ある賞です。今回の受賞理由は、「対麻痺患者に対してHALを用いた機能改善治療(装着訓練)において、脊髄損傷患者の神経系の機能改善の他に、患者に動作や筋力の向上などの顕著な医学的効果」が評価されたことによります。

 今回の受賞により、HALを用いた治療が普及するだけでなく、革新的な治療機器を用いた研究の活発化も期待されます。

 参考)KUVのHP
http://www.k-uv.de/medien/aktuelles/news/herbert-lauterbach-preis-2014-1/

 (注)*1 当社がNEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/ドイツ」で実施しています

 

ページ上部へ戻る