プレスリリース

2018.06.12 更新

【ニュース】手のひらサイズの小型バイタルセンサー、医療機器の承認申請を提出
〜 動脈硬化・不整脈を日常的に捉え、脳卒中や心筋梗塞等の循環器系疾患の予防・診断の実現へ 〜

当社は、動脈硬化を捉えるための動脈伸展性や不整脈を捉えるための心電の計測を実現できる小型バイタルセンサーについて、2018年6月8日、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に対して医療機器としての製造販売承認申請書を提出し、受理されましたのでお知らせいたします。
 当社は、独自の生体信号処理技術に基づき、動脈硬化を捉えるための動脈伸展性や不整脈を捉えるための心電の計測を実現できる手のひらサイズの小型バイタルセンサーの製品化に成功しました。当社は、脳卒中や心筋梗塞等の循環器系疾患の主たる原因である動脈硬化・不整脈を早期に捉えるために当社製品を開発しました。当社は、当該製品の医療機器化を通じて、脳卒中や心筋梗塞等循環器系疾患の早期の予防・診断を実現し、医療財政や重介護など社会問題の解決に引き続き貢献してまいります。

ページ上部へ戻る