プレスリリース

2017.10.06 更新

【ニュース】医療用HAL®、サウジアラビア向けに初の輸出
〜ビジネスパートナーのALJ病院にて、サイバニクス治療の開始へ〜

当社は、日本発の革新的ロボット治療機器である医療用HAL®(下肢タイプ)について、本年8月のSFDA(サウジアラビア食品医薬品局)の医療機器承認取得を経て、本日、ビジネスパートナーのAbdul Latif Jameel社(以下、ALJ社)の医療機関であるAbdul Latif Jameel Hospital(以下、ALJ病院)向けに、初期導入分として8台を出荷したことをお知らせいたします。
 既にALJ病院の医療関係者は、当社のドイツ子会社Cyberdyne Care Robotics GmbHでの運用研修を終えており、今月中にも医療用HAL®によるサイバニクス治療が開始される予定です。
 なお、来週10月9日にサウジアラビア・リヤドで開催される日本・サウジアラビア・ビジネスカウンシルにおいて、「日・サウジ・ビジョン2030」の日本の取り組みの一環として、本件が医療・ヘルスケア分野におけるサウジアラビア国民の生活改善と同国の健全な社会発展に対する貢献事例として、日本政府から紹介される予定です。

(関連リンク)
・ 2017/08/09「医療用HAL®、サウジアラビアの医療機器製造販売の承認取得」
https://www.cyberdyne.jp/wp_uploads/2017/08/20170809news.pdf

・ 2017/03/14「CYBERDYNE社とAbdul Latif Jameel社がビジネスパートナーシップを締結」
https://www.cyberdyne.jp/wp_uploads/2017/03/170314_news_J.pdf

(参考リンク)
・ Abdul Latif Jameel Hospital: http://aljhospital.com
・ Abdul Latif Jameel社: http://www.alj.com/en/
・ ジャミール商事株式会社: https://alj-japan.co.jp/japan/

※ SFDA医療機器承認取得及び今回の輸出に際して、ALJ社及びその日本法人のジャミール商事株式会社のサポートがありましたことを申し添えます。

ページ上部へ戻る