プレスリリース

2017.05.08 更新

【ニュース】大同生命保険、医療用HAL®による最先端の難病治療を保障する初の新商品の発売へ 〜難病治療に対して、公的医療保険に加えて、世界で初めて民間の保険商品の導入へ〜

 大同生命保険株式会社(以下、大同生命)は、世界初のロボット治療機器「HAL®医療用下肢タイプ」(以下、「医療用HAL®」)による難病治療を保障する先進的な新商品「HALプラス特約」を、民間保険会社としては世界で初めて発売することを発表しました。(新保険商品の詳細は、下記URLをご参照願います。)
※2017年4月現在、当社調べ

大同生命新商品プレスリリース http://www.daido-life.co.jp/about/news/pdf/2017/170508_news.pdf
大同生命新商品紹介動画 https://youtu.be/imdeiXZUAJs

 大同生命は、昨年9月に当社との業務提携以降、医療用HAL®による受療者の治療費用負担軽減のための新たな保険商品の開発を目指していましたが、このたび、金融庁の保険商品審査を経て新保険商品の認可を取得し、業界初の先進的な商品を実現するはこびとなりました。このことは、医療用HAL®による新医療技術の普及を促進するとともに、これまで最新医療でも治療困難とされてきた神経・筋難病疾患の患者の皆様に、より安心して最先端のサイバニクス治療を受けていただくことに繋がるものと考えております。

(参考リンク)
大同生命-C社業務提携プレスリリース(2016年9月2日)【PDF】
NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170507/k10010972461000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

ページ上部へ戻る