可能性へ踏み出す、HAL®の大きな一歩。

HAL®医療用(下肢タイプ)

世界初。※ 機能改善治療用、ロボット医療機器。

HAL®医療用(下肢タイプ)は下肢に障害がある方々や、脚力が弱くなった方々を対象にした治療機器です。
※CE Marking[CE 0197]を取得。EU全域で医療機器指令(MDD:Medical Devices Directives)への適合を認証されました。
※本機は日本国内において未承認医療機器です。
※弊社はロボット医療機器関連としては世界で初めてISO 13485(医療機器)認証を取得。

特長

HAL®が変えるのは、脳の地図。

下肢が不自由となる原因の多くは脳・神経系の疾患にあります。このとき脳はいつもどおりの神経の経路をうまく使用できず、脚の動かし方が分からなくなっています。
そこでHAL®医療用(下肢タイプ)は、「歩きたい」「立ちたい」という思いに従って装着者の脚を動かし、「歩けた」「立てた」という感覚のフィードバックをタイミングよく行うことで脳の学習を促します。
HAL®医療用(下肢タイプ)は、脚の動かし方を脳に教えることができる唯一のロボット治療機器です。

「歩きたい!」まっすぐな思いに、HAL®がつむぐ、可能性。

HAL®医療用(下肢タイプ)は、脊髄損傷、外傷性脳損傷、脳血管障害等、脳・神経筋系に疾患のある運動器不安定症患者に対し、EU全域で医療機器として用いられています。

装着者のサイズに合わせて。ロボットに柔軟さを。

装着者の体格に合わせて豊富な調整要素を持つHAL®医療用(下肢タイプ)は、脚の長さだけでなく、腰幅の違い、足のサイズの違いにも幅広く対応しています。シームレスな調整機構により装着者の身体を包み込むようにホールドすることができます。

HAL®は、あなたの思いに合わせて動く。

身体を動かすとき、脳から筋肉へ神経を通してさまざまな信号が送られています。
その信号は“生体電位信号”として、皮膚表面に漏れ出ています。
HAL®医療用(下肢タイプ)は、装着者の“生体電位信号”を読み取り、それに応じて下肢を補助し、装着者自身の脚での、歩行や立ち座りをアシストします。

あなたの近くで。あなたと一緒に。

自由に取り外しができるコントローラにより、オペレータは装着者の動きを近くで感じながら、アシストのスタート・ストップ、設定変更、動作状況の確認といったすべての操作を簡単に行うことができます。
ひとりひとりに合わせた細やかなアシストで、HAL®医療用(下肢タイプ)をより効果的にご使用いただけます。

外観

HAL®医療用(下肢タイプ)は現在ドイツのみでの取扱いとなります。仕様、ご利用に関してはお問い合わせください。

お問い合わせ

下記連絡先に直接お問い合わせください。

お問い合わせ先:
CYBERDYNE株式会社 営業部
電話:
029-869-8448(営業直通)
029-855-3189(代 表)
住所:
茨城県つくば市学園南2丁目2番地1
ページ上部へ戻る